生活

【襖の隙間を埋める】隙間テープ以外の直し方

長年使っているうちに、襖に隙間ができて困っている方もいらっしゃるかと思います。

私は賃貸に住んでいますが、入居時から襖の上部に隙間があり、エアコンの風や光が漏れて困っていました。

 

【Before】

下の方はピッタリ合っているのですが、上は7〜8mmほど空いていました。

 

最初は隙間テープで埋めようと、100均やホームセンターなどで見ていたのですが、貼り付けると見た目も悪く、テープを剥がす際に困りそうだったので、他の方法を試してみることにしました。

 

試してみたのはコチラ

スライダーピンです。


DIYの経験もない私でも簡単に出来たので手順を紹介します。

 

用意するもの

スライダーピン

ハンマー(ゴム製のものがあれば◎)

 

我が家には普通の鉄製トンカチしかなかったので、それで叩きました。

↓こちらが購入したスライダーピンになります

裏面はコチラ(使い方が書かれています)

手順(スライダーピンの取付)

材質にもよるかと思いますが、襖は重すぎることもないので女性1人でも外せました。

両端を持って少し上にあげて、下側から手前に引けば軽く外れます。

ホコリなどをしっかり取り、隙間が空いてる方と逆側の下にスライダーピンを打ち込みます。

軽くグッと押さえてから、トントンとハンマーで叩いていきます

最後の1mmぐらいは硬くて入らなかったのですが、差し込んだ図がコチラ

スライダーピンを差し込んだら、襖を外した手順と逆(上部をグッと入れてから、下側を入れる)で元に戻します。

Before & After

コチラがスライダーピンを差し込んだ後になります。

隙間が完全になくりました!!

分かりやすいように、スライダーピンを打ち込む前と後を比べてみます。

【左:Before  右:After】

これだけ空いてた隙間が、たった1個のスライダーピンで埋まりました。

かかった時間も10分程度。

 

そして隙間もさることながら、襖がスーッと開いて、滑りが良くなったのです。

 

ちなみに、スライダーピンはそれなりの厚さがあるため、隙間がそれほど空いてない場合は「すべりテープ」がオススメです。


テープを重ねてつけることで、微妙な高さ調整が出来るようです。

YouTubeで「ふすま スキマ」で検索すると手順を紹介してくれている動画があります。

襖の隙間改善:まとめ

根本的に解決するには削ったりして調整すべきだと思いますが、そうなると素人では修理が困難です。

隙間テープなどより、外観を損なわないスライダーピンや滑りテープを使用して正解でした。

費用も500円前後で、難しい作業でもないので女性1人でも簡単にできました。

襖に隙間があいていて、光や風が漏れて困ってる方に是非オススメです♪

 

【隣人や上の階の騒音トラブルの解決方法】風水おまじない・対策方法家で過ごす時間が増えて、あちこちで聞かれる騒音問題。 私もいろいろと賃貸マンションに住んできたのですが、騒音で悩まされた経験が多々...